|第21回|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。が更新されました!(2022.09.08)

社会貢献活動

Contents
  1. 栁澤 靖明|社会貢献活動
  2. 福嶋 尚子|社会貢献活動

栁澤 靖明|社会貢献活動

保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。|2021年1月 – 現在

役割|寄稿
種別|インターネット
主催者・責任者|太郎次郎社エディタス
イベント・番組・新聞雑誌名|Webマガジン「Edit-us」

リンク情報
URL|https://www.editus.jp/topics/rensai/hogosha

「まなぶ権利とおかね」ヒアリング:オンライン発表会&トークセッション|2021年10月30日 – 2021年10月31日

役割|出演 コメンテーター
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

リンク情報
URL|https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3704

保護者の費用負担と校則の縛り──就学援助制度と制服、学校指定品の再考|2021年2月13日

ダウンロード(発表資料)

役割|出演・パネリスト
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|みんなの学校安心プロジェクト
イベント・番組・新聞雑誌名|制服は安い?!高い?! 〜お金の視点から校則問題を考える〜
場所・掲載箇所|YouTube
対象|中学生 高校生 大学生 大学院生 教育関係者 保護者 研究者 社会人・一般 学術団体 市民団体 行政機関 メディア

2021年2月13日のオンラインイベント記録映像
当日は400名ほど(Zoom+YouTube)の参加者(主催者発表)

リンク情報
URL|https://youtu.be/TgZo6Jnb3EY

【令和の校則】 制服を着ない自由はありますか…? 制服は強制力のない「標準服」にして 行き過ぎた指導に苦しむ生徒を救いたい!|2021年1月30日

役割|運営参加・支援
種別|その他
主催者・責任者|みんなの学校安心プロジェクト
イベント・番組・新聞雑誌名|change.org署名
場所・掲載箇所|呼びかけ賛同人

この署名は一定数が集まり、新型コロナ感染拡大が収まった段階で、文部科学大臣への要望書として提出したいと考えています。

(要望1)
制服を着たくない・着られない生徒がいる中で、学校は制服を強制する権限があるのかどうか、文科省から見解を発表してください。
(要望2)
制服や標準服に関する規定や運用がどうなっているのか、全国的に調査してください。
(要望3)
各学校の校則や決まりをホームページに掲載し、生徒や保護者がオンライン等で意見できる体制づくりを進めることについて、文科省から見解を発表してください。
(要望4)
心身の健康を害する校則や決まりは即刻廃止すべきであると、文科省から見解を発表してください。

リンク情報
URL|http://chng.it/qY9rnNZkgb

学校経営における財務面の保障|2020年

ダウンロード(発表資料)

役割|講師
種別|出前授業
主催者・責任者|千葉工業大学
イベント・番組・新聞雑誌名|〈教育行政学〉
対象|大学生

2017年06月10日(土)
2018年06月09日(土)
2019年06月08日(土)
2020年12月12日(土)

子どもの貧困問題と就学支援制度|2020年

ダウンロード(発表資料)

役割|講師
種別|出前授業
主催者・責任者|千葉工業大学
イベント・番組・新聞雑誌名|〈教職概論〉
対象|大学生

2017年06月10日(土)
2018年06月09日(土)
2019年06月08日(土)
2020年07月04日(土)

保護者が学校のカーテン洗濯やトイレ掃除 傍から見た非常識が「当たり前」になる理由|2019年8月16日

役割|情報提供
種別|インターネット
主催者・責任者|YAHOO! JAPAN
イベント・番組・新聞雑誌名|ニュース個人【大塚玲子】
場所・掲載箇所|「保護者のお手伝いは当たり前」も、見直しを

リンク情報
URL|https://news.yahoo.co.jp/byline/otsukareiko/20190816-00138202/

教育の私費負担を考える超党派勉強会|2019年6月13日

役割|パネリスト
種別|対話型集会・市民会議
主催者・責任者|セーブ・ザ・チルドレン・子どもの貧困対策推進議員連盟

埼玉県の川口市立小谷場中学校で事務主査を務める栁澤靖明氏は、就学援助制度を知らない人がまだまだ多い現状について、「たまたま知った人だけが利用できるのではなく、権利としての就学援助制度を必要な人へ届けていくことが大事」と発言。保護者が申請できるだけでなく、学校の職権により制度申請が可能であることも周知する必要を訴えました。

リンク情報
URL|https://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=3043

就学援助制度の今を知る|2019年6月13日

役割|講師 情報提供
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

子供の貧困対策や被災地での就学支援などに取り組む国際NGOのセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは6月13日、超党派の国会議員らが出席する教育の私費負担を考える勉強会「就学援助制度の今を知る」を都内で開いた。経済的に厳しい家庭に対して義務教育段階の学用品費や学校給食費を援助する就学援助制度の課題について、研究者や学校の事務職員らが報告した。

リンク情報
URL|https://www.kyobun.co.jp/news/20190617_02/?fbclid=IwAR0UW-aSeFECqgYo48JXbi_3YZxvM0vs5a7EhR9GPly1oWb-5yvV1jjbFaw

「教育を受ける権利」の保障と教育行政|2018年12月12日

役割|講師
種別|出前授業
主催者・責任者|千葉大学
イベント・番組・新聞雑誌名|〈社会と教育〉

子どもの権利保障と就学援助制度|2018年11月28日

役割|講師
種別|講演会
主催者・責任者|セーブ・ザ・チルドレン
イベント・番組・新聞雑誌名|子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム2018 in 石巻

リンク情報
URL|http://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=2941

PTAだけではない 学校にお金をまわす「後援会」という第三の集金方法|2018年9月2日

役割|情報提供
種別|インターネット
主催者・責任者|YAHOO! JAPAN ニュース個人【大塚玲子】
場所・掲載箇所|なかには強制徴収も

多くの学校がPTA予算に頼っていることはこれまでも指摘してきたが(*)、じつはPTAのほかにも、学校で必要なお金(会費)を調達するための団体がある。

リンク情報
URL|https://news.yahoo.co.jp/byline/otsukareiko/20180902-00095210/

子どもの「教育を受ける権利」を保障する|2017年11月1日

役割|講師
種別|出前授業
主催者・責任者|札幌学院大学
イベント・番組・新聞雑誌名|〈子ども論特殊講義B〉

先生だけでなく、PTAや保護者にもメリットがある「自治体による給食費の徴収」|2017年9月24日

役割|情報提供
種別|インターネット
主催者・責任者|YAHOO! JAPAN ニュース個人【大塚玲子】
場所・掲載箇所|自治体が集めれば「抱き合わせ徴収」は止まる?

今月6日、文部科学省が、給食費の徴収業務を自治体が直接行うよう求める方針を決めたことが報じられました。未納家庭への督促など、教職員の負担を軽減する目的です。

リンク情報
URL|https://news.yahoo.co.jp/byline/otsukareiko/20170924-00076072/

訴訟も起きている「PTAに入っていないと子どもに卒業祝い品をあげない」は許されるのか|2017年3月24日

役割|情報提供
種別|インターネット
主催者・責任者|YAHOO! JAPAN ニュース個人【大塚玲子】
場所・掲載箇所|PTA予算から出すのをやめる場合・PTA予算から出しつつ、非会員家庭から実費を集める方法

PTAは本来任意加入の団体ですが、多くのPTAでは全員自動加入が続き、なかなか保護者への加入意思の確認が行われません。なぜ確認しないのかというと、最大の理由の一つは「ずっと全員加入を前提に運営してきたから」ということでしょう。

リンク情報
URL|https://news.yahoo.co.jp/byline/otsukareiko/20170324-00068994/

子どもの権利保障と就学援助制度2017年2月11日

役割|講師
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
イベント・番組・新聞雑誌名|子どもの貧困問題解決に向けたシンポジウム
対象|教育関係者 保護者 研究者 社会人・一般 市民団体 行政機関 メディア

リンク情報
URL|http://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=2417

パパの育児休業体験記|2008年

役割|情報提供
種別|新聞・雑誌
主催者・責任者|内閣府
イベント・番組・新聞雑誌名|「仕事と生活の調和」推進サイト
場所・掲載箇所|母乳さえ出れば‥!

リンク情報
URL|http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/sakuhin/1-18.html

福嶋 尚子|社会貢献活動

こんなモノ あんなコトまで 隠れ教育費(連載)|2020年10月15日 – 2021年3月13日

役割|寄稿
種別|新聞・雑誌
主催者・責任者|新日本婦人の会
イベント・番組・新聞雑誌名新|婦人しんぶん

すべての子どもが安心して通える学校を目指して ~学校財務の観点から~|2021年3月3日

役割|講師
種別|講演会
主催者・責任者|横浜市公立学校事務職員研究協議会
イベント・番組・新聞雑誌名|2020年度 第49回 横浜市学校事務研究大会
共同研究・競争的資金等の研究課題の業績ID|30233944

リンク情報
共同研究・競争的資金等の研究課題|学校財務経営の法社会学的分析

制服を取り巻く問題と論点|2021年2月13日

役割|パネリスト
種別|インターネット
主催者・責任者|みんなの学校安心プロジェクト
イベント・番組・新聞雑誌名|制服は安い?!高い?! 〜お金の視点から校則問題を考える〜

リンク情報
URL|https://www.youtube.com/watch?v=TgZo6Jnb3EY&t=0s

子どもの貧困対策から 教育費のあり方を考える|2020年7月22日

役割|講師
種別|講演会
主催者・責任者|郡山市教育研修センター
イベント・番組・新聞雑誌名|令和2年度教職員研修 事務職員等対策講座

子どもの修学保障のために事務職員ができること-子どもの貧困問題の下で|2018年10月18日

役割|講師
種別|講演会
主催者・責任者|松江地区公立小中学校事務職員研究会
イベント・番組・新聞雑誌名|研修会

地方教育行政法と事務職員|2018年2月9日

役割|講師
種別|セミナー・ワークショップ
イベント・番組・新聞雑誌名|川口市教育研究会 学校事務研究部研修会

「第7回無償教育を考えるフォーラム」コーディネーター・講師|2017年10月7日

役割|講師 助言・指導
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|無償教育をめざす学校事務職員の会
イベント・番組・新聞雑誌名|第7回無償教育を考えるフォーラム

学校財務の「いままで」と「これから」|2017年7月27日

役割|講師
主催者・責任者|埼玉県公立小中学校事務職員研究協議会南部支部
イベント・番組・新聞雑誌名|課題別研修会(学校財務編)

博論完成までの道のり|2017年6月7日

役割|出演 講師
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|東京大学大学院教育学研究科
イベント・番組・新聞雑誌名|博士論文の執筆促進のための説明会

私、不登校児、教育学を志す|2017年6月2日

役割|講師種別セミナー・ワークショップ主催者・責任者千葉工業大学図書館イベント・番組・新聞雑誌名シンナライブ×ツダヌマビューイング no.15

給与制度とその歴史|2015年7月27日

役割|講師
種別|セミナー・ワークショップ
主催者・責任者|埼玉県公立小中学校事務職員研究協議会南部支部
イベント・番組・新聞雑誌名|課題別研修会(給与規定編)

タイトルとURLをコピーしました