|第21回|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。が更新されました!(2022.09.08)

第2回 隠れ教育費からの問題提起ー制服・体操着|教育新聞・福嶋 尚子

こちらは全10回の連載となっております。
前回の記事をまだお読みになっていない方は下記のリンクよりご覧ください。

◼️ 前の連載

【「隠れ教育費」からの問題提起 (2)】制服・体操着

制服類の値段は学校によって異なるが、通常は上下セットで3~4万円ほどはかかる。ここにシャツやネクタイなどが加わり、セーターやベルトなどを指定品にしているところもある。夏物と冬物が別の場合はさらに1万5千円ほどかかる。1着ずつそろえても全身で8万円かかる計算だ。

出典元:教育新聞 学校を変えるファクトがある。(2022年7月3日)

 22年度の幕開け、「入学式までに制服が届かない」という見出しが大々的に報道されると、「これを機に制服廃止を」という声も上がった。

出典元:教育新聞 学校を変えるファクトがある。(2022年7月3日)

全文は以下のリンクよりご覧ください。

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

◼️ 関連記事(それ、本当に必要? 「隠れ教育費」からの問題提起

コメント

タイトルとURLをコピーしました