【最新・第41回】なんで受益者負担っていわれるの?|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。

【活動報告】PRESIDENT Online(2023年10月6日)|団体割引が適用されても費用が割高になる理由【栁澤 靖明/福嶋 尚子】

一般に修学旅行費といえば、「修学旅行積立金」などと呼ばれる学校徴収金を指すことが多いだろう。これは各家庭が共通して支払う費用であり、教職員にも保護者にも「見えやすい」費用負担である。

隠れ教育費』(太郎次郎社エディタス)によれば、その費用は小学校で2万1600円(埼玉から日光1泊2日)、中学校では6万6200円にもなる(埼玉から京都・奈良2泊3日)。これはたとえば、交通費や宿泊代、見学料や保険料などであり、おこづかいも含まれている(同書p.140)。

出典元:”息抜き””思い出づくり”先行で学びが置き去りに…保護者と教師の負担が大きい修学旅行を放置していいのか|PRESIDENT Online(2023年10月6日)

詳細は以下のリンクよりご覧ください。

■ “息抜き””思い出づくり”先行で学びが置き去りに…保護者と教師の負担が大きい修学旅行を放置していいのか

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

■ 関連コラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました