【最新・第38回】給食費は保護者負担って決まってるんじゃないの?|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。

【活動報告】中日新聞「学用品どこまで個人負担? 隠れ教育費に保護者から不満も」(2023年6月17日)|栁澤 靖明・福嶋 尚子(インタビュー記事)

 「隠れ教育費」の共著があり、埼玉県の公立小中学校で20年ほど事務職員を務める柳沢靖明さん(41)は、この案内文に驚く。「例えば家庭科の授業で、包丁やまな板は持参しない。のこぎりなどの刃物は、鍵をかけて保管する必要があるので学校で管理するべきだ」と指摘する。

出典元:中日新聞「学用品どこまで個人負担?隠れ教育費に保護者から不満も」(2023年6月17日)

 千葉工業大の福嶋尚子准教授(教育行政学)は「両者の金額を単純には比べられないが、就学援助では賄いきれないことが多い」と指摘。どの子も平等に学ぶ権利が保障されるために、「まずできることは学校による無駄の削減。授業に必要な教材か、教員が日々検証してほしい」と訴える。

出典元:中日新聞「学用品どこまで個人負担?隠れ教育費に保護者から不満も」(2023年6月17日)

詳細は以下のリンクよりご覧ください。

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

■ 関連コラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました