|第21回|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。が更新されました!(2022.09.08)

「入学式に制服が届かない」騒動から見る制服供給の脆弱性

 新年度早々、服が届かない、給食が開始できない(大阪府東大阪市、沖縄県粟国村・渡名喜村、毎日新聞・2022年4月8日)、給食費や教材単価が値上げする(朝日新聞・2022年4月10日)などのニュースが次々に舞い込んだ。その陰には、教育公務員の雇用形態や民間委託、コロナ禍における工場操業の不安定さ、ウクライナ情勢にも関連した食材の高騰など様々な背景が絡み合う。

 中でも、東京の衣料品販売「ムサシノ商店」での都立高校などの制服の納入が大幅に遅れた件については、大きく報道され、一部では「これを機に制服をやめては」の声も出ている。これについて社長が会見の中で、新型コロナによる生産工場への影響に加え、都立高校の男女別定員の緩和などで受注数が直前まで読めなかった影響を挙げたという(朝日新聞・2022年4月8日)。都立高校の男女別定員の問題は、昨年5月26日に毎日新聞が取り上げ、その見直しが図られた矢先だった。

 筆者としては、時代錯誤で人権侵害の可能性も高い男女別定員のシステムが改善されることは当然のことで、それに対応できない制服供給システムであったことが今回明らかになったのではないかというのが第一印象であった。

 ここで、制服を供給する販売店に関わる状況について、公正取引委員会が2017年に出した報告書「公立中学校における制服の取引実態に関する調査報告書」(https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h29/nov/171129_files/171129_4houkokusho.pdf)をもとに、説明しよう。公立中学校を対象とした報告書ではあるが、公立高校についても同様の実態である可能性が高いからだ。

 制服の種類がブレザータイプであると、販売店をここと「指定」している割合が高くなる(男子65.7%、女子53.8%)。これはブレザータイプだとその学校独自のデザインであるために、取り扱っている販売店が限られてしまうからだ。一方で詰襟やセーラー服などで独自デザインではないところでは、販売店を「案内」するもののここと限定はしていない、という割合が高くなる(男子50.9%、女子39.8%)。販売店を案内していないところも詰襟だと34.3%、セーラー服だと38.6%となる。つまり、学校独自デザインの制服であると、販売店をここと限定せざるを得なくなるのである。

 販売店を学校が選定するのは、多く(89.2%)は「当校の生徒や保護者の利便性のため」とされており、立地条件が良く(56.0%)、信用が高く(35.6%)、過去の販売実績があるところ(31.9%)が選定の基準となっているようだ。しかし驚くべきことに、販売店と学校との間で制服の安定供給等に向けて契約書などを交わしていないところが90.4%に上り、今回のような大騒動になっても、販売店に対して契約違反を学校が追及できない状況であるところが多い。

 学校が案内する販売店の数は、1販売店であるのは約20%、2販売店は約27%、3販売店は約24%、4販売店以上は約29%ということで、学校により1店舗独占販売のところもあれば、数店舗以上が案内されるとところもあり、幅がある。こうした販売店については廃業や新規参入の他には定期的に見直しが行われることはほとんどなく(83.6%)、「定期的な見直しを行っている」と回答した学校でも実際に販売店などが変動した例は少ない。昔からの販売店が長くきちんとした契約書なしで学校の制服販売を請け負っている状況であることがうかがえる。

 以上のことから、公正取引委員会としては、「制服メーカー及び指定販売店等の選定においては,コンペ等の方法で選定する,参入希望を受け入れるなどにより指定販売店等を増やす等」を学校に対して求めている。

 公正取引委員会の提起はもっともで、公立中学校の場合、制服の安定供給に向けての土台は脆弱であることが見えてきた。それでも、公立中学校は就学校指定であるから制服の需要は読みやすく、採寸や注文も比較的早く始めることができる。しかし公立高校の場合は3月まで行われる入試の結果により入学者が決まり、当然採寸や注文も後ろ倒しとなる。高校の制服の方が今回のような大騒動になるリスクは常にあったわけで、コロナ禍や入試改革は、最後の一押しであったとも考えられる。今回の件に制服販売業者から同情の声が聞こえてくるのも、そうした事情だろう

 学校ごとに独自のデザインの制服を入学式までに用意するということは、制服の価格を押し上げるだけではなく、制服の安定供給についてもリスクを抱えている。そうした意味でも、制服のアイテムを減らす、独自デザインを減らす、自治体統一デザインの導入や既製品による登校もOKとする、などの手立てが必要ではないか。

(福嶋 尚子)

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

◼️ 該当記事

「制服の納入遅れ、男女別定員の緩和も原因? 業者「受注数読めない」」|朝日新聞デジタル・2022年4月8日

制服の納入遅れ、男女別定員の緩和も原因? 業者「受注数読めない」:朝日新聞デジタル
 東京の衣料品販売「ムサシノ商店」で都立高校などの制服の納入が遅れた。記者会見した社長は、新型コロナによる生産工場への影響に加え、遅れの理由の一つに、男女別定員の緩和などで受注数が直前まで読めない点を…
◼️ 関連記事

粟国、渡名喜の小中学校で給食停止 栄養士確保できず /沖縄 )」|毎日新聞・2022年4月8日

粟国、渡名喜の小中学校で給食停止 栄養士確保できず /沖縄 | 毎日新聞
 粟国、渡名喜両村の小中学校で栄養士が未配置となり、学校給食が提供できない状態となっていることが7日、県教育委員会などへの取材で分かった。栄養士が3月末で人事異動となり、後任を確保できなかったのが要因だ。県教委はハローワークでの求人掲載や関係者を通した紹介など人材確保を急いでいるが、7日時点で給食開

「給食中止、業者「見通し甘かった」 東大阪 再開のめど立たず」|毎日新聞・2022年4月8日

給食中止、業者「見通し甘かった」 東大阪 再開のめど立たず
東大阪市は8日、小学校の給食配送を委託していた運送会社が車両を確保できなかったとして、市内全51校のうち配送対象の26校で給食を中止すると発表した。市教育委員会の古川聖登教育長らが記者会見を開いて謝罪した。市は同社を入札参加停止の処分とする方針で、損害賠償の請求も検討する。 新学期が始まって早々、・・・

「物価高、かさむ教育費 制服…原油高、膨らむ輸送費/給食…パン・牛乳、高値続く」|朝日新聞・2022年4月10日

物価高、かさむ教育費 制服…原油高、膨らむ輸送費/給食…パン・牛乳、高値続く:朝日新聞デジタル
 子どもを学校に通わせる家庭にとって、春は何かと出費がかさむ季節。今年はそこに物価高が重なり、家計を直撃している。制服や文房具の値段、それに給食費も……。困窮家庭向けの公的補助ではまかないきれない恐れ…

都立高合格点の性差「裁判耐えられぬ」 危機感足りない都教育界」|毎日新聞・2021年5月26日

都立高合格点の性差「裁判耐えられぬ」 危機感足りない都教育界 | 毎日新聞
 男女別に募集定員を設定している東京都立高校の入試で、女子の合格ラインが男子を大きく上回る状態が続いていることが毎日新聞が入手した都教育委員会の内部資料から判明した。過去には性別の枠を外した「合同定員制」への移行を模索した時期もあるが、実現していない。その背景に何があるのか探った。【大久保昂】

コメント

タイトルとURLをコピーしました