【最新・第41回】なんで受益者負担っていわれるの?|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。

【活動報告】ランドセルに制服や体操着も!子ども向けサブスクが続々登場、家計の負担減も“隠れ教育費”の実態「学校指定品が高すぎる」(週刊女性 PRIME 2023年4月18日号)にインタビュー記事が掲載されました!|福嶋 尚子

隠れ教育費を減らすにはどうすればいいだろうか。

「学校指定品の数を減らすことです。例えば、制服であればジャケットとスラックスやスカートだけに限定し、シャツや靴下は市販品でもかまわないとする。制服業者と価格交渉をするより、そちらのほうが早いし、全体としてかかる費用も下げられます」

出典元:週刊女性 PRIME 2023年4月18日号<取材・文/千羽 ひとみ>

詳細は以下のリンクよりご覧ください。

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

◼️ 関連コラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました