【最新・第41回】なんで受益者負担っていわれるの?|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。

【フロントランナー】朝日新聞デジタル(2024年4月6日)|「隠れ教育費」研究室、福嶋尚子さん・柳澤靖明さん 学校の「当たり前」を問いなおす【栁澤 靖明&福嶋 尚子】

◼️ 【フロントランナー】朝日新聞デジタル(2024年4月6日)|「隠れ教育費」研究室、福嶋尚子さん・柳澤靖明さん 学校の「当たり前」を問いなおす

 制服、ランドセル、計算ドリルや国語ワーク。子どもが小中学校に入学すると買わねばならないものは、多岐にわたる。部活動費や、修学旅行費など行事に関わる出費も少なくない。そうした学校にまつわる保護者負担を「隠れ教育費」として、問題提起をしてきた。

出典元:朝日新聞デジタル(2024年4月6日)|「隠れ教育費」研究室、福嶋尚子さん・柳澤靖明さん 学校の「当たり前」を問いなおす

◼️ 【フロントランナー】朝日新聞デジタル(2024年4月6日)|福嶋尚子さん・柳澤靖明さん 「どんな子も排除されない学校へ」

――「隠れ教育費」に着目したきっかけは。

 柳澤 事務職員として働き始めて間もない20代のころ、1人の小学生に年間で給食費に4万円、教材費で1万~2万円……と「こんなにお金がかかるんだ」と驚きました。

出典元:朝日新聞デジタル(2024年4月6日)|福嶋尚子さん・柳澤靖明さん 「どんな子も排除されない学校へ」

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

◼️ 関連コラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました