|第21回|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。が更新されました!(2022.09.08)

「義務教育は無償」だけど…年10万円超「隠れ教育費」の実態 読売新聞 OTEKOMACHI(2022年4月19日)にて取材を受けました!|栁澤 靖明・福嶋 尚子

「義務教育は、これを無償とする」。憲法26条に明記されているように、公立の小中学校は無償のイメージが強いが、ドリルや資料集、算数セットや書道セットなどを買いそろえる必要があり、保護者の出費が結構かさむ。その実態を探ってみた。

出典元:読売新聞 OTEKOMACHI 2022年4月20日(読売新聞生活部 林 理恵)

保護者負担を減らす取り組みも

こうした学校運営に使う金額は公費措置のものと保護者負担のものに仕分けされているが、すべて細かく決められているわけではないという。保護者負担を減らそうと取り組む動きもある。

埼玉県川口市立青木中学校に事務職員として勤める柳沢靖明さんは、

出典元:読売新聞 OTEKOMACHI 2022年4月20日(読売新聞生活部 林 理恵)

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました