【最新・第42回】補助教材って、どうやって決めているの?|保護者の疑問にヤナギサワ事務主査が答えます。

【活動報告】日本経済新聞(2023年12月10日)|増える学校給食の無償化 幅広い恩恵、コロナで再認識【福嶋 尚子】

「学校給食の重要性が再認識され、自治体の関与が強まっていく先の姿として、福嶋さんが構想するのが、「地域給食」です。
学校の給食施設を使って子ども食堂の代わりに給食を出したり、お年寄りや生活の苦しい人などにも食事を提供したりする。誰もが食事に困らない「食の権利」を保障する環境を整えようという考え方です。
地域の様々な人に給食を提供すれば給食は学校の手を離れ、行政サービスになります。
地元の食材調達や調理人の雇用などで産業振興にもつながります。」

出典元:日本経済新聞(2023年12月10日)|増える学校給食の無償化 幅広い恩恵、コロナで再認識

詳細は以下のリンクよりご覧ください。

◼️ 増える学校給食の無償化 幅広い恩恵、コロナで再認識

 この記事が「参考になった!」と感じたら、周りの人に紹介したり、下記の「❤️(いいね!)」や「コメント」をしてもらえると嬉しいです♪

◼️ 関連コラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました